NY外為(14日):円下落、一時89円台後半-日銀の緩和を期待

ニューヨーク外国為替市場では円が 対ドルで2010年6月以来の安値を付けた。安倍晋三首相が金融緩和の拡 大に積極的な人材を日銀総裁に起用するとの見方から、円売りがかさん だ。

円はユーロに対しても下げ、2011年5月以来で初めて1ユーロ =120円台の円安水準に一時下落。景気刺激のてこ入れを先週示した安 倍首相は次期日銀総裁について、「大胆な金融政策を実行できる人」が 望ましいと発言した。日銀は来週政策会合を開く。ユーロは対ドルで10 カ月ぶり高値に上昇。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長 は講演で、「より力強い労働市場」を望むと述べた。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・キム 氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は電話インタビューで、 「ここ数週間に日本政府が提案した変革は極めて重要であり、円の売り 材料になっている」と指摘。「きょう出たニュースはこれまでの憶測す べてと一致する内容だ。市場はこの憶測に基づいて取引している」と述 べた。

ニューヨーク時間午後4時36分現在、円は対ドルで前営業日 比0.3%安い1ドル=89円41銭。一時は2010年6月25日以来の円安水準 となる89円67銭まで下げた。円は対ユーロで0.5%下げ、1ユーロ=119 円58銭。2011年5月4日以来の安値である120円13銭を付ける場面もあ った。ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.3375ドル。

14日の日本市場は成人の日の祝日で休場だった。

「大胆な政策を実行できる人」

日本政府は先週、国費10兆3000億円規模の緊急経済対策を打ち出し た。

また、野村証券と岩田一政・元日本銀行副総裁によれば、安倍首相 が総裁を務める自民党は50兆円に上る公算の大きい外債購入ファンドの 設置を検討している。JPモルガン証券は総額がその2倍になる可能性 もあるとしている。

安倍首相はNHKの「日曜討論」で日銀総裁の条件について聞か れ、「基本的には大胆な金融政策を実行できる人、われわれの主張に合 う人ということで考えてほしい」と発言した。白川方明総裁は4月に任 期が切れる。

日銀は21-22日の政策決定会合で現在1%としている「中長期的な 物価安定の目途(めど)」の見直しについて協議する。安倍首相は2% のインフレ目標の設定を求めている。

ドルは対ユーロで3営業日続落。オバマ米大統領は債務上限の問題 を財政協議での交渉材料にしてはならないと議会に警告した。

「市場が大混乱する恐れ」

オバマ大統領はホワイトハウスで記者会見し、債務上限が引き上げ られなければ、「市場が大混乱する可能性がある」と発言。すでに積み 上がった支払いの義務は履行しなくてはならないと述べた。

サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁はカリフォルニア州での 講演で、金融当局は「下期(7-12月)に入ってもしばらく」資産購入 を続ける必要がありそうだとの認識を示した。

バーナンキFRB議長はミシガン州アナーバーで米経済が迎えてい る逆境について講演した。

原題:Yen Reaches Weakest Since 2010 on BOJ Easing Bets; Euro Advances(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE