欧州債:スペインとイタリア国債下落、発行控え-英独債は上昇

14日の欧州債市場ではスペイン国債 が下落し、10年債利回りは1カ月ぶりの大幅上昇となった。今週の国債 入札で計45億ユーロ相当を発行するとの計画が売り材料。

2年ぶりに15年物の国債を発行する計画を明らかにしたイタリアの 債券も軟調。1999年のユーロ導入以来最悪のパフォーマンスで今年を始 めたドイツ国債は、3営業日ぶりに上昇。ユーロ圏の昨年11月の鉱工業 生産が予想に反して落ち込んだことが手掛かり。フランスはこの日、70 億ユーロ相当の証券を発行した。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジスト、 ピーター・チャトウェル氏は「スペインとイタリアからの発行に市場は 備えている」とし、「先週の大幅上昇を考えると、これが両国債の利回 りを押し上げた」と語った。

ロンドン時間午後4時31分現在、スペイン10年債利回りは前週末 比14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.03%。一時 は17bp上げ、先月10日以降で最大の上昇となった。11日には4.84% と、昨年3月1日以来の低水準を付けていた。同国債(表面利 率5.85%、2022年1月償還)価格はこの日、1.065下げ105.83。

スペインは2015、18、41年に償還を迎える国債の入札を17日に実施 する。イタリアは新発15年債を銀行団方式で「近い将来、市場環境と関 連づけながら」発行すると明らかにした。

ドイツ10年債利回りは前週末比3bp低下の1.55%。11日に は1.61%と、昨年10月25日以来の高水準となった。バンク・オブ・アメ リカ(BOA)メリルリンチがまとめた指標によると、ドイツ国債のリ ターン(収益率)は11日までの年初来でマイナス1.7%だった。

英国債は続伸

英国債相場は続伸。ユーロ圏鉱工業生産の発表が、比較的安全とさ れる同国債の需要を支える要因となった。

ロンドン時間午後4時50分現在、10年債利回りは前週末比5bp低 下の2.04%。4日には2.14%まで上げ、昨年4月30日以来の高水準を付 けた。同国債(2022年9月償還)価格はこの日、0.39上げ97.50。2年 債利回りは1bp低下し0.38%。一時は2日以来の最低となる0.36%ま で下げた。

原題:Spanish, Italian Bonds Fall Before Sales as German Bunds Advance(抜粋) Gilts Rise Second Day as Euro-Area Production Drops; Pound Falls (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE