フランスがマリに軍事介入-イスラム過激派の攻勢を受け

フランス軍は、アフリカのマリの政 府軍を支援するため軍事介入した。オランド仏大統領が発表した。政府 軍は北部を支配するイスラム過激派の攻勢にさらされている。

オランド大統領は11日、1分間のテレビ演説で、「われわれは脅威 にさらされている人々を守る」と語り、「フランス軍は必要な限りとど まる」とした。

大統領は介入が地上作戦なのか空爆なのかには言及しなかった。フ ァビウス外相はその後の記者会見で、フランス空軍が空爆を実施したと 述べた。地上作戦も行っているのかどうかは明らかにしなかった。

米国防当局者が匿名を条件に語ったところによると、ルドリアン仏 国防相は、パネッタ米国防長官と11日に会談した。フランス側は支持を 要請し、米当局者は選択肢を検討しているという。

マリのトラオレ暫定大統領は11日、国営テレビを通じて非常事態を 宣言した。

原題:French Military Intervenes in Mali as Islamist Militants Advance(抜粋)

--取材協力:Diakaridia Dembele、Rudy Ruitenberg、Simon Gongo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE