米BOA、メリル買収めぐる株主訴訟で約56億円支払いへ

米銀バンク・オブ・アメリカ( BOA)のメリルリンチ買収をめぐってBOA取締役会に欺かれたとし て株主が起こしていた訴訟で、BOAは6250万ドル(約56億円)の和解 金を支払うことに同意した。BOA関係者が明らかにした。

この訴訟は、2009年にメリルを買収した際、BOA経営陣が過大な 金額を支払うのを取締役会が容認したとして株主が起こしていたも の。2000万ドルの和解金支払いで合意していたが、ニューヨークの連邦 地裁のケビン・カステル判事は今月4日、公平性と妥当性に問題がある と指摘。これを受け、BOAは和解金を4250万ドル上積みすることを提 案し、同判事が11日、それを承認した。

カステル判事は今後、メリル買収をめぐって他の投資家が起こした 証券詐欺訴訟で総額24億ドル余りの和解を認めるかどうか判断すること になる。

メリルはBOAへの身売りで合意する前に、米サブプライム住宅ロ ーン市場の崩壊で500億ドル以上の損失・評価損に見舞われていた。株 主はメリルの損失についてBOA取締役会に欺かれたと主張している。

原題:BofA Reaches $62.5 Million Accord on Merrill Lynch Claims (2)(抜粋)

--取材協力:Hugh Son.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE