米国株:ほぼ変わらず、中国CPI加速への懸念が上値抑える

更新日時

米株式相場はほぼ変わらず。ウェル ズ・ファーゴの決算に反応し銀行株が下げた。また中国で消費者物価指 数(CPI)が予想以上に上昇し、当局が景気刺激策を弱めるとの懸念 が広がった。

S&P500種の業種別24指数では銀行株指数が最大の下げ。ウェル ズ・ファーゴの2012年10-12月(第4四半期)決算では、マージンの縮 小と住宅ローン申請の減少が示された。ボーイングも安い。日本航空保 有機で発生した火災など最新鋭機「787」(ドリームライナー)をめぐ るトラブルを受けて、米連邦航空局(FAA)が調査の実施を発表した ことに反応した。

S&P500種株価指数は前日比ほぼ変わらずの1472.05。ダウ工業 株30種平均は17.21ドル(0.1%)上昇し13488.43ドル。

キーコープのプライベートバンキング部門のチーフ投資ストラテス ト、ブルース・マケイン氏は「中国に関するプラスのニュースは、景気 が回復軌道に乗っているということだ」とした一方、「マイナスのニュ ースは、景気回復が同時にインフレを加速するということだ。米国では 決算に注目が集まるだろう。素晴らしい内容ではないが、今後改善する 可能性は確実にある」と述べた。

シカゴオプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は1%下げて13.36と、2007年6月以来の低水準。週間で は3.4%低下した。

中国CPI

中国の昨年12月のCPI上昇率は市場予想を上回り、7カ月ぶりの 高水準に達した。28年ぶりの厳寒で野菜が値上がりした。また11月の米 貿易赤字は予想外に前月から悪化した。

ブルームバーグがまとめたアナリスト予想では、S&P500種採用 銘柄の第4四半期の利益は平均で2.5%増加したもようだ。実際にこの 増加率だった場合、四半期ベースでは2009年以降で2番目に低い伸びと なる。

S&P500種の業種別10指数では、通信サービスと資本財、金融の 各指数が特に大きく下げた。24銘柄で構成するKBW銀行指数は0.8% 下落。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は1.3%安の11.63ドル。シテ ィーグループは1.1%安の42.34ドル。

ウェルズ・ファーゴ

ウェルズ・ファーゴは0.9%値下がりし、35.10ドル。ジョン・スタ ンプ最高経営責任者(CEO)は預金をてこに資金調達コストを下げ、 融資拡大によって利幅の薄さを補おうとしている。同行が住宅ローンと 商業融資の市場シェアを拡大させる中でマージンは低下した。

ブルームバーグのデータによれば、S&P500種に採用されている 金融機関の利益は第4四半期に16%増と、通信サービス関連企業に次い で2番目に大きな伸びだった。

ボーイングは2.5%安の75.16ドル。同社のドリームライナーをめぐ っては、7日に発生した日航機の火災トラブルについて米運輸安全委員 会(NTSB)がすでに調査を実施、出火によりバッテリーが重大な損 傷を受けたと報告した。

原題:U.S. Stocks Little Changed on China as VIX Falls to 5-Year Low(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa、Alexis Xydias.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE