インド株:総じて安い、鉱工業生産減で-インフォシスは急伸

11日のインド株式相場は総じて安 い。昨年11月の鉱工業生産が減少したことを受け、工業や消費者関連の 銘柄が売られた。10-12月利益が予想を上回ったインフォシスは大幅 高。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比0.09ポイント高の19663.64で終了したが、上昇銘柄と下落銘柄の割合 は約1対5。同指数は前週末比では0.6%下げた。

インド最大のたばこ会社ITCと発電設備メーカー最大手のバーラ ト重電機は大幅安。ソフトウエア輸出で2位のインフォシスは17%急 伸。同社は通期の売上高見通しを引き上げた。

政府発表によると、11月の鉱工業生産指数は前年同月比0.1%低 下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト34人の予想中央 値では0.1%上昇が見込まれていた。

原題:Most Indian Stocks Drop as Factory Output Falls; Infosys Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE