今日の国内市況(1月11日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場 は以下の通り。

●日本株3連騰、円安や経済対策で-TOPIX震災来の900乗せも

東京株式相場は3日続伸。ドル・円相場が1ドル=89円台とおよそ 2年半ぶりの円安水準に振れたほか、政府が緊急経済対策を決定し、今 後の景気浮揚、企業業績押し上げへの期待が広がった。自動車や精密機 器など輸出関連、鉱業など資源関連株が買われ、保険や医薬品株も業種 別上昇率の上位に並んだ。

TOPIXの終値は前日比9.67ポイント(1.1%)高の898.69、日 経平均株価は同148円93銭(1.4%)高の1万801円57銭。TOPIXは 一時、東日本大震災当日の2011年3月11日以来となる900ポイントを回 復した。週ベースでは、TOPIXはバブル経済さなかの1989年12月第 2週、日経平均は88年12月1週まで以来となる9週連続高となった。

ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表取締役は、 「為替が円安に振れると指数先物の買いを誘発し、裁定取引で現物株も 買われるという循環になっている」と指摘した。今月末から始まる国内 企業の決算発表を見て、「今期は思ったほど良くないという認識が広が り、そこから調整局面に入る」と予想している。

●債券続伸、5年債利回り9年ぶり低水準に並ぶ-無期限緩和観測で

債券相場は続伸。日本銀行による追加緩和観測を背景に買いが優勢 となり、午後に入ると相場は一段高となった。新発5年債利回りは一 時、昨年暮れに記録した9年ぶり低水準に並んだ。

DIAMアセットマネジメントの山崎信人エグゼクティブファンド マネジャーは、市場で国債増発のイメージがほぼ固まり、焦点が日銀の 追加緩和策に移ったことで中期債を中心に買われたと指摘。「政府と協 定を組むのだからこれまで通りのやり方では許されず、資金供給の拡大 を軸に何らかの合わせ技を出す可能性が高い。日銀にとっては転機にな り、緩和策をめぐって来週の相場は大きく動きそうだ」とも話した。

東京先物市場で中心限月の3月物は前日比8銭安の143円38銭で開 始し、直後に143円34銭まで下落した。しかし、その後は上昇に転じ、 午後に入ると大きく水準を切り上げ、一時は143円88銭と、昨年12月26 日以来の高値を記録。結局は29銭高の143円75銭で引けた。

●円が対ドルで2年半ぶり安値、デフレ対策期待や経常赤字で売り圧力

東京外国為替市場では、円が対ドルで約2年半ぶりの安値を付け た。安倍晋三政権が日本銀行と連携して強力にデフレ脱却を目指すとの 期待感を背景に円の下値を探る展開となる中、経常収支の悪化が円売り を後押しした。

ドル・円相場は朝方に一時1ドル=89円35銭と、2010年6月29日以 来の水準まで円安が進んだ。その後はやや円売りの動きに一服感が生 じ、午後の取引にかけて89円ちょうどを挟んでの展開が継続。午後3 時50分現在は88円93銭付近で推移している。また、円は対ユーロで一時 1ユーロ=118円59銭と、11年5月5日以来の安値を更新。同時刻現在 は117円85銭前後で取引されている。

IGマーケッツ証券の為替担当アナリスト、石川順一氏は、欧州情 勢の落ち着きを背景に海外市場がリスクオン(選好)に転換したことが 円安基調の根底にあるとした上で、国内経常赤字が円売りに拍車を掛け たと指摘。目先は日銀の金融政策決定会合で2%の物価目標と予想以上 の緩和継続姿勢が示されるかが注目されるとし、国内の材料は引き続き 期待先行で「円売り要因として働きやすい」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE