中国:13年の自動車販売は加速へ-2000万台を突破する公算

中国では今年、乗用車やバスなどの 自動車販売が加速し、年間販売台数が初めて2000万台を突破する見込み だ。経済成長の持ち直しや都市化が寄与する。

中国自動車工業協会(CAAM)が11日発表した資料によれ ば、2013年の自動車販売台数は前年比7%増の2065万台の見通し。乗用 車需要が後押しする。スポーツ型多目的車(SUV)が引き続き最も速 いペースで成長する分野となり、商用車は販売が若干伸びるという。

CAAMは「継続的かつ安定的なマクロ経済政策が自動車市場の発 展には好ましい」と指摘。都市化で自動車需要が支えられるとした上 で、輸出に大きな可能性があるとの認識を示した。

CAAMによれば、13年の乗用車販売は8.5%増の約1680万台、商 用車販売は1%増の約385万台となる見通し。商用車は昨年5.5%減少し た。

12年の販売台数は、乗用車とバス、トラックを含む自動車全体では 前年比4.3%増の1930万台。昨年7月時点の予想(最大2000万台)には 届かなかった。乗用車は7.1%増の1550万台、SUVは26%増だった。 自動車全体の輸出は30%増え106万台。今年の輸出は25%増の130万台と 見込まれている。

--取材協力:Michiko Mezaki.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE