シャラポワ選手が見つけた甘い投資が結実-キャンディー事業

女子プロテニスのマリア・シャラポ ワ選手が手掛けるキャンディーのブランド「シュガーポワ」は利益を生 むビジネスになりつつある。

昨年の全仏オープンを制したシャラポア選手(25)は自分のキャン ディーブランドに50万ドル(約4500万円)を投じた。同選手は11日、今 年の4大テニス大会の皮切りとなる全豪オープンを3日後に控えたオー ストラリアでこのブランドをお披露目する。

IMGテニスで代理人を務めるマックス・アイゼンバット氏によれ ば、シャラポア選手のグミキャンディーは昨年8月、まず米国で発売さ れ、最初の3カ月で25万袋売れた。英国と豪州、日本、カナダ、ロシ ア、インド、中国でも発売されることから年100万袋の販売を見込んで いるという。

ロシア人のシャラポワ選手はインタビューで、「マーケティングや 広告にかける予算は大きくないにもかかわらず、これだけ認知度が高ま るなんて本当に信じられない」と話す。

同選手のスター性が販売力の源泉となっていると言うアイゼンバッ ト氏は、「毎週、彼女が行くところならどこでも、キャンディーが話題 になる」と説明、「ソーシャルメディアの力も大きい。彼女のフェイス ブックにはほぼ900万人のフォロワーがいる」と解説した。

原題:Maria Sharapova Finds Sweet Investment as Candy Brand Grows (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE