野村:国内IPOは6年間で最高に、新政権でセンチメント好転

更新日時

日本国内での2013年の新規株式公開 (IPO)は過去6年間で最高になる見通しだ。株式引き受け主幹事で 首位の野村ホールディングスによれば、デフレ脱却を目指す安倍新政権 の発足で株式市場に対するセンチメントが改善、リーマンショック後最 大の新規上場が見込まれるという。

野村のマネジング・ディレクター神戸聖治公開引受部長はブルーム バーグ・ニュースの取材に応じ、13年は昨年の48社から25%程度増え て、60社前後が新規上場するとの見通しを明らかにした。07年に121社 が上場した後、リーマンショックが起きた08年は49件に急落。その後は 低迷を続けていた。

政府は11日午前の閣議で、事業規模20.2兆円の緊急経済対策を決 定、経済再生に向け10.3兆円の国費を投入する。安倍晋三首相は会見 で、「デフレ・円高からの脱却のために政府・日銀の連携による大胆な 金融政策が不可欠だ」などと述べ、金融緩和強化へ強い意思を示した。

野村の神戸氏は、「新政権はデフレから脱却しようという強いミッ ションを持っている。円高が是正され、企業業績もしっかりしてくるな ど、センチメントが好転している」と述べ、新規上場は増加するとの見 通しを示した。またIPO後、企業が「成長のためにM&A(企業の合 併・買収)や、さらなる資金調達などを行う動きが期待できる」と分析 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE