ムーディーズ:キプロス格付けを「Caa3」に-3段階下げ

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは10日、キプロスの格付けを「Caa3」に3段階 引き下げた。同国銀行システムの資本増強の必要性で、政府の債務負担 が増加する見通しであることを理由に挙げた。

ムーディーズの発表資料によると、キプロスの3大銀行の不良債権 比率は昨年、9月時点で26%と、3月の19%から上昇した。同国は銀行 の資本増強で約100億ユーロ(約1兆1800億円)の資金が必要となる可 能性があるという。

同社は、キプロス債務の対国内総生産(GDP)比率が今 年、150%に上昇する可能性があると予想。アウトルック(格付け見通 し)を「ネガティブ」としていることについて、欧州連合(EU)と欧 州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)で構成されるトロイカ とキプロスとの覚書に関する最終合意をめぐる「不確実性」を反映して いると説明した。

原題:Cyprus Cut Three Steps to Caa3 by Moody’s on Bank-Bailout Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE