米アメックス10-12月期:47%減益-5400人削減計画の費用響く

米クレジットカード会社、アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)の10-12月(第4四半期)決算は、純 利益が47%減少した。5400人削減計画に関連する費用などが響いた。

10日の発表によると、アメックスは今回の人員削減計画に絡むコス ト2億8700万ドル(約260億円)を含め税引き後で5億9400万ドルの特 別費用を計上する。純利益は6億3700万ドルと、前年同期の11億9000万 ドルから減少。一部項目を除いた調整後純利益は1株当たり1.09ドルと なり、ブルームバーグがまとめたアナリスト27人の予想平均を0.03ドル 上回った。

ケネス・シュノールト最高経営責任者(CEO)は発表資料で、 「一様でない景気回復を背景に実施するこれらのリストラ計画は、アメ ックスが成長促進に向けわれわれの資源活用をより素早く、効率的かつ 効果的に行うことを意図したものだ」と述べた。

発表によると、今回の人員削減は全従業員6万3500人の約8.5%に 相当するが、同社は人員を一部補充するため、従業員数への影響はこれ より小さくなる見通し。同社全体の従業員数は今年末までに4-6%減 少する見込み。同社は年間営業経費の伸びを3%未満に抑えられると試 算している。

今回の暫定決算は、17日に行われる正式な決算発表の1週間前に公 表された。

10-12月の顧客支出は、ハリケーン「サンディ」の影響で10月下旬 と11月上旬に「短期間の落ち込み」があったもの、前年同期比8%増加 した。

10-12月の総収入は5.2%増の81億4000万ドル。通期の営業経費 は12%増の120億ドル。ビザとマスターカードとの和解の関連費用5 億8000万ドルを除いた通期の調整後営業経費は8.6%増えた。

発表を受けアメックスの株価は下落。ニューヨーク時間午後5時42 分(日本時間11日午前7時42分)現在の時間外取引で0.8%安の60.29ド ル。過去1年間では25%上昇している。

原題:AmEx Profit Falls on Costs Tied to 5,400 Job Cuts at Lender (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE