シティ:円見通し、さらに下落方向に見直し-首相が刺激策要請

日本の安倍晋三首相が思い切った金 融刺激策を強く要請する中で、円の対ドル相場は1-3月(第1四半 期)に従来予想以上に下落すると、シティグループが指摘した。

高島修氏(東京在勤)らシティのアナリストらは、円が3月末時点 で1ドル=90円に下落するとの予想を示した。これまでの予想は85-87 円だった。春に達成すると見込んでいた87円をすでに超えており、円は 今後、2009年8月以来の安値である95円に下落するとの見方を示した。

シティのG10(主要10カ国)通貨戦略責任者を務めるスティーブ ン・イングランダー氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、「今や 投資家は現行の低金利が長期間続くとみている。魅力的な投資先に関し て金利差はより大きなシグナルになりつつあり、日本の投資家は円売り でそれに反応し始めている」と述べた。

原題:Citigroup Extends Yen-Decline Forecast on Abe Stimulus (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE