1月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為::円、対ドルで2010年以来の安値-安倍首相の報道で

ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで下落。2010年7月以来 の安値を付けた。日本経済新聞の報道が売りを誘った。同報道による と、安倍晋三首相は日銀に雇用の最大化も念頭に入れるよう求めた。

円高とデフレからの脱却に向け金融緩和の拡大を求めた安倍首相の 就任以来、円安基調にある。ユーロは対ドルで上昇。5カ月ぶりの大幅 高となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は域内経済が今年、 徐々に健全性を取り戻すとの見通しを示した。スペイン政府が今年初め て実施した入札では発行額が目標上限を上回り、ユーロ圏の金融危機が 収まりつつあることを示唆した。中国の輸入が増加したことを受け、豪 ドルは5日続伸。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ラビ・バラドワジ氏(ワシントン在勤)は電話インタビューで、 「安倍首相が口を開けば開くほど、追加緩和観測や実際の円下落を後押 ししているようだ」と指摘した。

ニューヨーク時間午後5時4分現在、ユーロはドルに対し前日 比1.6%高の1ユーロ=1.3272ドル。昨年8月3日以来の大幅高となっ た。対円では2.6%高の1ユーロ=117円73銭。円は対ドルで1%下落し 1ドル=88円78銭と、2010年7月14日以来の円安・ドル高水準。

円予想の下方修正

モルガン・スタンレーやソシエテ・ジェネラル、シティバンクなど のアナリストが円の見通しを下方修正した。モルガン・スタンレーはリ ポートで、円が対ドルで第4四半期までに100円に下落すると予想し た。従来の予想は90円。ソシエテ・ジェネラルは年末までに97円に下落 する可能性があるとした。従来予想は87円。シティは3月末までに90円 と、従来の87円から引き下げた。

モルガン・スタンレーは年末の対ドルのユーロ予想を1.20ドルか ら1.26ドルに引き上げた。豪ドルについても1豪ドル=1.05ドルと、従 来の0.96ドルから上方修正した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は一時1.1%下げ、昨年9月以来の大幅安となった。

ユーロの支払いをドルに転換するコストの指標となる2年物クロス 通貨ベーシススワップが低下。25ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)と、2011年7月位以来の低水準となった。昨年11月は35bp だった。

チャプデラインFXのマネジングディレクター兼外国為替責任者、 ダグ・ボースウィック氏は電話インタビューで、「2年物ベーシススワ ップは信用という面で米国と欧州の銀行がお互いをどのように見ている かを示す。欧州に関する不安な状況からかなり回復した」と指摘した。

ECB

ECBはフランクフルトで定例政策委員会を開き、短期金利の調節 手段である短期買いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最 低応札金利を0.75%に据え置くと決めた。ブルームバーグ・ニュースが エコノミスト55人を対象に実施した調査で50人が予想した通りだった。

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、ECBの措置が経済に浸透 するに伴い、今年中に「緩やかな景気回復が始まる」との見通しを示し た。一方で、景気見通しへのリスクは「下向き」との認識を示した。

英銀スタンダード・チャータード(ニューヨーク)のシニア通貨ス トラテジスト、マイク・モラン氏は「ECBが欧州経済はなお停滞して いるとのハト派的な見解を示すと市場は明白に予想していた。あのよう な前向きなメッセージには全く備えていなかった」と語った。

円は主要16通貨全てに対して下落した。ブルームバーグ・ニュース が入手した日本政府の文書は、日銀に対して「明確な物価目標の下で、 日本銀行が積極的な金融緩和を行っていくことを強く期待する」と明記 している。

原題:Yen Drops to Weakest Level Since 2010 Amid Bets on More Stimulus(抜粋)

◎米国株:上昇、S&P500種は5年ぶり高値-中国輸出の伸びを好感

米株式相場は上昇し、S&P500種株価指数は5年ぶり高値となっ た。中国の輸出が市場予想を上回る伸びとなったことを好感し、買いが 広がった。

S&P500種の業種別10指数では金融株が最大の上げ。バンク・オ ブ・アメリカ(BOA)やモルガン・スタンレーが高い。フォード・モ ーターは増配が好感され上昇。スーパーマーケットチェーンのスーパー バリューは大幅高。プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会 社サーベラス・キャピタル・マネジメント率いる投資企業グループは、 スーパーバリュー傘下のスーパーマーケットチェーンのうち5つを約33 億ドルで買収することで合意した。

S&P500種株価指数は前日比11.10ポイント(0.8%)高の1472.12 で終了。これは2007年12月以来の高値。ダウ工業株30種平均は80.71ド ル(0.6%)上昇し13471.22ドル。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジス ト、アラン・ゲイル氏は「世界経済の回復の兆候を受け、市場は前向き になっている」と分析。「米国では決算シーズが始まったばかりで、ま だ分からないことが数多くある。投資家は依然として様子見姿勢だ」と 続けた。

中国の昨年12月の輸出は前年同月比14.1%増と、市場予想(5% 増)の3倍近い伸びとなった。これを好感し株価は世界的に上昇。米国 株もこの流れを引き継いだ。欧州では、欧州中央銀行(ECB)のドラ ギ総裁がユーロ圏経済は今年中に緩やかな回復が始まるとの認識を示し た。

企業決算

市場は引き続き企業決算にも注目している。ブルームバーグがまと めたデータによれば、S&P500種採用銘柄の第4四半期の利益は平均 で2.9%増加したもようだ。実際にこの増加率だった場合、四半期ベー スでは2009年以降で2番目に低い伸びとなる。

S&P500種では業種別10指数全てが上昇。中でも金融とエネルギ ーの上げが目立った。24銘柄で構成するKBW銀行指数は1.3%高。バ ンク・オブ・アメリカ(BOA)は3.1%上昇し11.78ドル。モルガン・ スタンレーは3.7%値上がりし20.34ドル。

CLSAのマイク・マヨ氏は、モルガン・スタンレーなどウォール 街の金融機関は、新たな規制を課す監督当局よりも、経営改革を要求す る株主の方から大きな恩恵を得ることができると指摘した。

マヨ氏は10日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、ネ ルソン・ペルツ氏のトライアン・ファンド・マネジメントやダン・ロー ブ氏のサード・ポイントのような物言う投資家が、経営陣に「圧力をか けて従わせる」ことで大手金融機関の改革に成功する事例が増えるとの 見方を示した。

その上で、「監督当局よりも、ダン・ローブ氏のような投資家が増 える必要がある」とし、「積極的に行動する株主が増えなければならな い」と続けた。

フォード、スーバーバリュー

フォードは2.7%高の13.83ドル。同社は四半期配当を1株当り10セ ントに倍増した。利益率が過去最高となったことで、手持ち資金が拡大 した。

スーパーバリューは14%高の3.47ドル。サーベラス率いる投資企業 グループは、米スーパーバリュー傘下のアルバートサンズなど複数のス ーパーマーケットチェーンを買収することで合意した。投資企業グルー プが10日発表した資料によると、サーベラスはまた同社を中心に株式公 開買い付けを実施し、1株当たり4ドルの現金でスーパーバリュー普通 株の最大30%取得を目指す。

原題:S&P 500 Rises to 5-Year High on Better-Than-Forecast China Data(抜粋)

◎米国債:5日ぶり下落、景気回復感強まる-30年債入札は好調な需要

10日の米国債は5日ぶり下落。欧州中央銀行(ECB)が景気に対 してより前向きな見通しを示したほか、中国で経済成長の兆しが見られ たことを受けて、買い意欲が減退した。

この日実施された今年最初の30年債入札(130億ドル)の後で同年 債は一時下げ幅を縮小した。入札では最高落札利回りが3%を上回り、 投資家からの需要は過去の平均を上回った。米金融当局が表明している 毎月450億ドルの国債購入計画を背景に、投資家の間では応札への安心 感が広がった。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「さらなるリスク志向の雰囲気が高まりつつある」 と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇して3.08%。一時は3.10%まで上昇した。10年債利回り は4bp上げて1.89%。

入札結果

30年債入札の最高落札利回りは3.07%と、入札直前の市場予 想3.095%を下回った。投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.77倍 と、2011年12月以来の最高と並んだ。

海外の中央銀行を含む間接入札者の落札全体に占める比率 は37.8%。過去10回の入札の平均は34.4%。プライマリーディーラー (政府証券公認ディーラー)以外の直接入札者の比率は16.7%。過去10 回の平均は15.5%となっている。

CIBCワールド・マーケッツのマネジングディレクター兼米国債 トレーディング責任者、トム・トゥッチ氏(ニューヨーク在勤)は、 「どこから見ても良好な入札だった」と述べ、「利回りが3%を上回っ たことが買い材料となっている」と続けた。

中国の昨年12月の輸出は前年同月比14.1%増加し、5月以来で最 大。輸入は同6%増となった。この統計発表後、米国債は下落した。

ECBのドラギ総裁は10日の政策決定後の記者会見で、今年中に 「緩やかな景気回復が始まる」との見通しを示した。ECBはこの日、 政策金利を過去最低の0.75%に据え置いた。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、アイラ・ジャ ージー氏(ニューヨーク在勤)は「投資家はより楽観的になっている」 と述べ、「経済統計は素晴らしい内容ではないが、まずまずだ」と続け た。

ジョージ総裁の発言

米カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、金融当局による過去最 大規模の景気刺激策は金融不安定化のリスクをもたらし、インフレ高進 を招く恐れがあると述べた。次回米連邦公開市場委員会(FOMC)は29 -30日に開催される。

ジョージ総裁は10日カンザスシティーで講演し、「事実上のゼロ金 利が長期化すれば、この先金融不均衡が生じるリスクが高まり、インフ レ目標の達成を損ねる恐れがある」と述べた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、30年債の投資リターンは今年に入り2.3%のマイナス、昨年は2.5% のプラスだった。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミストを対象にまとめた予想の 中央値によると、30年債利回りは年末までに3.4%に上昇すると見込ま れている。

原題:Treasuries Drop on Speculation Economic Recovery Strengthening(抜粋)

◎NY金:反発、2カ月ぶり大幅高-ECB総裁が経済の弱さを指摘

ニューヨーク金先物相場は反発。約2カ月ぶりの大幅高となった。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が域内経済の弱さは続くとの認識 を示したことから、同中銀が成長てこ入れに向け一段の措置を講じると の見方が広がった。

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「ユーロ圏経済の弱さは今 年も継続することが予想される」と述べた。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ウィリアム・オニール氏 は電話インタビューで、「ドラギ総裁は欧州経済がまだ下向きの方向に あることを明確にした。緩和的な政策スタンスが維持されるだろう」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比1.4%高の1オンス=1678ドルで終了。中心限月としては 昨年11月6日以来の大幅上昇となった。一時は1678.80ドルと3日以来 の高値をつけた。

原題:Gold Rises Most in Two Months as Draghi Sees Economic Weakness(抜粋)

◎NY原油:上昇、3カ月ぶり高値-中国輸出の伸びを好感

ニューヨーク原油先物相場は上昇。3カ月ぶりの高値となった。 中国の輸出の伸びが加速したことや、欧州中央銀行(ECB)のドラギ 総裁が域内経済は今年徐々に健全性を取り戻すとの見通しを示したこと が好感された。

中国の税関総署が発表した2012年12月の輸出は前年同月比14.1%増 加した。ドラギ総裁の発言を受けてユーロが対ドルで急伸したことも原 油の買いにつながった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「中国 の輸出統計が驚くほど強く、今年の需要見通しの改善が明確に示された ため、原油は一気に買われた」と指摘。「ドラギ総裁の経済に関する発 言は明るい材料だ。ユーロが原油を押し上げているのは間違いない」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比72セント(0.77%)高の1バレル=93.82ドルで終了。終値では昨年 9月18日以来の高値となった。

原題:Crude Rises to Three-Month High as Chinese Exports Accelerate(抜粋)

◎欧州株:下落、ECB金利据え置き-リシュモンやサノフィ安い

10日の欧州株式相場は下落。1年10カ月ぶり高値を付ける場面もあ ったが、上昇は続かなかった。欧州中央銀行(ECB)はこの日、政策 金利を過去最低に据え置いた。

スイスの高級品メーカーのフィナンシエール・リシュモンは2.1% 安。米同業ティファニーが通期収益について、同社予想レンジの下限に とどまるとの見通しを示し、売り材料となった。フランスの製薬会社サ ノフィは0.7%下落。同社製を含む一部医薬品の推奨投与量を米当局が 引き下げた。一方、フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは11%の 大幅高。第4四半期の携帯電話事業の利益率が自社予想を上回った。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%安の287.44で終了。米財政合 意を背景に、同指数は先週3.3%急伸した。

CMCマーケッツ(ロンドン)の市場アナリスト、マイケル・ヒュ ーソン氏は「金利動向に関してECBはこれまでよりも少し、緩和的で はなくなった」と発言。高値で投資家が神経質になる中では「ちょっと した売りを引き起こすのに材料はそれほど必要ない」とも語った。

ECBはこの日のフランクフルトでの会合で、政策金利を0.75%に 維持した。ブルームバーグがエコノミスト55人を対象に実施した調査 で50人が予想した通りだった。

この日の西欧市場では18カ国中10カ国で主要株価指数が上昇した。 英FTSE100指数はほぼ変わらず。フランスのCAC40指数は0.4%、 ドイツのDAX指数は0.2%それぞれ下げた。

原題:European Stocks Decline From 22 Month-High; Richemont Retreats(抜粋)

◎欧州債:スペイン債急伸、入札好感-ECB全会一致で金利維持

10日の欧州債市場ではスペイン国債が急伸し、2年債利回りは 2010年10月以来の低水準となった。今年初めての入札で発行高 が計画を上回ったことが手掛かり。

スペイン10年債利回りは昨年3月以来で初めて5%を割り込 んだほか、イタリア国債も上昇した。域内の金融危機が収まりつつ あるとの楽観が、周辺国の国債需要を高めた。一方、ドイツ国債は 下げ、2年債と10年債の利回りはともに11週間ぶりの高水準に 達した。欧州中央銀行(ECB)はこの日、政策金利を据え置き、 ドラギ総裁はこの決定が「全会一致だった」ことを明らかにした。

ドイツ銀行の欧州金利戦略責任者、モヒト・クマール氏(ロン ドン在勤)は、スペインの「入札は極めて順調で、規模も市場予想 を上回った」と発言。「ドラギ総裁の姿勢は前向きで、ドイツ国債 は下げている。ECBが近い将来に金利を引き下げるとの市場の期 待は薄れている」とも語った。

ロンドン時間午後4時33分現在、スペイン2年債利回りは前 日比29ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

2.10%。一時は2.08%と、2010年10月28日以来の低水準と なった。同国債(表面利率3.3%、2014年10月償還)価格は

0.515上げ102.08。10年債利回りは24bp低下の4.89%と、 昨年3月2日以来の最低を付ける場面もあった。

ドイツ10年債は4日ぶりに下落し、利回りは8bp上昇の

1.56%。昨年10月26日以来の高水準となる1.57%を付ける場 面もあった。2年債利回りは一時、5bp上げ0.105%に達した。

英インフレ連動債

英国債市場ではインフレ連動債が上昇し、10年物利回りは過去 最低を記録した。小売物価指数(RPI)の算出方法を継続すると の英政府統計局(ONS)の発表が手掛かり。変更された場合、リ ターン(投資収益率)に影響を及ぼすとの懸念が広がっていた。

10年物インフレ連動債利回りは一時、マイナス0.99%まで下 げた。ロンドン時間午後4時40分現在は34bp低下のマイナス

0.97%。通常国債の10年物利回りは7bp上げ2.09%。前日ま での3営業日で10bp下げていた。

原題:Spanish Bonds Surge After Auction; Bunds Drop on Rate Decision(抜粋) U.K. Inflation Bonds Surge on Index as Pound Falls Versus Euro (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE