NY原油:上昇、3カ月ぶり高値-中国輸出の伸びを好感

ニューヨーク原油先物相場は上昇。 3カ月ぶりの高値となった。中国の輸出の伸びが加速したことや、欧州 中央銀行(ECB)のドラギ総裁が域内経済は今年徐々に健全性を取り 戻すとの見通しを示したことが好感された。

中国の税関総署が発表した2012年12月の輸出は前年同月比14.1%増 加した。ドラギ総裁の発言を受けてユーロが対ドルで急伸したことも原 油の買いにつながった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「中国 の輸出統計が驚くほど強く、今年の需要見通しの改善が明確に示された ため、原油は一気に買われた」と指摘。「ドラギ総裁の経済に関する発 言は明るい材料だ。ユーロが原油を押し上げているのは間違いない」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比72セント(0.77%)高の1バレル=93.82ドルで終了。終値では昨年 9月18日以来の高値となった。

原題:Crude Rises to Three-Month High as Chinese Exports Accelerate(抜粋)

--取材協力:Jeff Black、Grant Smith、Wael Mahdi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE