パキスタンのクエッタで40人死亡、2回の爆発で-当局者

パキスタン南西部のクエッタで10日 に起きた2回の爆発により、少なくとも40人が死亡した。政府当局者が 明らかにした。

バルチスタン州内相のアクバル・ドゥラニ氏は州都クエッタから電 話取材に応じ、「2回の爆発で少なくとも40人が死亡し、120人が負傷 したと確認できる」と語った。

鉱物資源の豊かなバルチスタン州は、パキスタンで最大ながらも最 も貧しい州。経済・政治の自治権拡大を求める分離派が数十年にわたっ て小規模な反政府活動を繰り広げている。イランとアフガニスタンとの 国境に位置し、武装勢力タリバンも活発に活動している。

ジオ・テレビが警察当局者の話として伝えたところによると、最 大56人が死亡し、163人が負傷した。最初の爆発は自爆によるものだっ たという。

警察によると、一連の爆発で6人の警察官が死亡した。

原題:Pakistan Blasts in Quetta Kill 40, Government Official Says (1)(抜粋)

--取材協力:James Kraus.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE