NY金:2カ月ぶり大幅高-ECB総裁が経済の弱さを指摘

ニューヨーク金先物相場は反発。約 2カ月ぶりの大幅高となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が 域内経済の弱さは続くとの認識を示したことから、同中銀が成長てこ入 れに向け一段の措置を講じるとの見方が広がった。

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「ユーロ圏経済の弱さは今 年も継続することが予想される」と述べた。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ウィリアム・オニール氏 は電話インタビューで、「ドラギ総裁は欧州経済がまだ下向きの方向に あることを明確にした。緩和的な政策スタンスが維持されるだろう」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比1.4%高の1オンス=1678ドルで終了。中心限月としては 昨年11月6日以来の大幅上昇となった。一時は1678.80ドルと3日以来 の高値をつけた。

原題:Gold Rises Most in Two Months as Draghi Sees Economic Weakness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE