インド株(終了):総じて安い、企業決算シーズンを控え

10日のインド株式相場は総じて安 い。インドでは企業決算シーズンが11日から始まるほか、同日発表され る昨年11月の鉱工業生産が注目されている。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比3.04ポイント安の19663.55で終了。この日は方向感のない取引に終始 した。

インド最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は2.1%安。アル ミ生産を手掛けるヒンダルコ・インダストリーズを中心に金属銘柄が下 げた。一方、国営エネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC) は約1年7カ月ぶり高値。英高級車メーカー「ジャガーランドローバ ー」を傘下に置くタタ・モーターズは上げ幅を拡大し、上場来高値を更 新した。

ブルームバーグまとめたアナリスト29人の調査中央値によると、イ ンド2位のソフトウエア輸出企業、インフォシスが11日発表する2012 年10-12月利益は前年同期比5%減少が見込まれている。

原題:Most Indian Stocks Decline Before Infosys Earnings, IIP Data(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Rajesh Kumar Singh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE