中国のZTE、モジラOSのスマホ導入で欧州企業と協力

中国2位の電話機器メーカー、 ZTE(中興通訊)は、米モジラ製の基本ソフト(OS)を搭載したス マートフォン(多機能携帯電話=スマホ)を年内に導入するため欧州の 電話サービス会社と協力している。ZTE米国部門CEO(最高経営責 任者)の程立新氏が明らかにした。モジラはウェブブラウザー「ファイ アフォックス」を開発した企業。

程氏は米ラスベガスで開催中の国際家電見本市「コンシューマー・ エレクトロニクス・ショー(CES)」でインタビューに応じ、ZTE はまた米国で今年、ファイアフォックスの携帯向けOSを基にした端末 を提供する可能性があるとも語った。程氏は、協力している欧州の電話 サービス会社の具体名は挙げなかった。

モジラの製品担当副社長ジェイ・サリバン氏は、同社は米クアルコ ム、香港のTCL通訊科技、ZTEと製品で協力していると電子メール でコメントした。

原題:ZTE Planning Mozilla-Powered Phone Debut in Europe in 2013 (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE