米モルガンSが1600人削減へ、法人証券・支援要員対象-関係者

資産規模で米銀6位のモルガン・ス タンレーは、数週間以内に投資銀行業務などに携わる従業員やサポート 要員ら約1600人を削減する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにし た。

削減規模は投資銀行業務やトレーディング業務を含む法人・機関投 資家向け証券部部門とサポート要員を合わせた人員の約6%に相当す る。決定が公表されていないとして匿名を条件に同関係者が語った。削 減の約半分は米国で、残る半分は米国外で実施されるという。

モルガン・スタンレーは2011年12月に1600人を削減する方針を明ら かにし、昨年の1-9月に人員整理や部門売却を通じて約4200人を削減 した。ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)はコスト節減を 表明している。

今回はあらゆるレベルの従業員が対象になり、一部の社員には既に 通知済みだと関係者は述べた。上級職の削減が中心になるという。

モルガン・スタンレーの従業員数は昨年9月末時点で5万7726人。 同社は経費を年間14億ドル(約1230億円)削減する計画を明らかにして いる。株主資本利益率(ROE)は、自社の信用スプレッド関連費用を 除いたベースで12年1-9月に約5%で、ゴーマンCEOが掲げる目標 の15%を下回っている。

米シティグループは先月、約1万1000人を削減し、新興市場の事業 を縮小すると発表。スイスのUBSは昨年10月、約1万人を削減し、大 半の債券トレーディング事業から撤退すると明らかにした。

原題:Morgan Stanley Said to Plan 1,600 Investment-Bank Job Cuts (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE