ロンドンの鯨に勝った運用者-JPモルガンCEOに恩も売る

アンドルー・フェルドシュタイン氏 はハーバード大で教育を受け、弁護士の資格を持つ。同氏が率いるヘッ ジファンド運営会社、ブルーマウンテン・キャピタル・マネジメントは 好成績を収めてきた。

ブルーマウンテンは2003年の創設以来、リターンがマイナスになっ た年は1年のみ。同社の運用資産は127億ドル(約1兆1200億円)に拡 大し、ニューヨークとロンドンで150人がデリバティブ(金融派生商 品)などの運用に携わる。フェルドシュタイン氏が好んで取引するの は、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、債務担保証券( CDO)、合成債務担保証券(シンセティックCDO)、住宅ローン担 保証券(MBS)、スワップションなど、08年に不良債権化した難解な デリバティブばかりだ。

フェルドシュタイン氏は昨年6月、「ロンドンの鯨」の異名を取る JPモルガン・チェースのトレーダー、ブルーノ・イクシル氏と逆方向 の取引をしたことで有名だ。事情に詳しい関係者によると、この取引で ブルーマウンテンは3億ドルの利益を得たという。これに対し、JPモ ルガンは62億ドルの損失を被った。フェルドシュタイン氏は一儲けした だけではない。JPモルガンの取引の解消を手助けすることで、米国で 最も力のあるバンカー、ジェイミー・ダイモン最高経営責任者 (CEO)に対して点数を稼ぐこともできた。ブルームバーグ・マーケ ッツ2月号が報じた。

フェルドシュタイン氏の旗艦ファンド「ブルーマウンテン・クレジ ット・オルタナティブ」(運用資産51億ドル)の昨年1月-10月のリタ ーンは13.3%。ブルームバーグ・マーケッツの大型ヘッジファンド100 選で51位に入った。また、同ファンドは1億3470万ドルの利益を稼ぎ、 利益ランキングでは20位となった。03年後半の設立以来の同ファンドの 年間平均リターンは10%。

UBSと契約

フェルドシュタイン氏(48)は、今回の記事のための取材を断った が、好調が続くと見込んでいる。ブルーマウンテンは10月、スイス最大 の銀行UBSを通じて「クレジット・オルタナティブ」の新たな投資家 の募集を開始した。UBSの富裕顧客は、通常ヘッジファンドが要求す る100万ドル強に比べるとはるかに少ない25万ドルを投資すればよい。

ブルーマウンテンの経営陣8人のうち、クオンツトレーダーはいな い。フェルドシュタイン氏や共同創業者のスティーブン・サイドロー氏 を含め、ほぼ大半がMBAや弁護士資格の保有者だ。350ページに上る CDOの目論見書を読む時には、法律の学位が役に立つ。これに比べれ ば、株式発行の目論見書などはスパイ小説を読むようなものだ。

フェルドシュタイン氏は金融の世界からほど遠いアリゾナ州フラッ グスタッフで育った。ハーバード法科大学院に進み、後に大統領となる バラク・オバマ氏らと親交を結んている。1992年にJPモルガンに入社 し、その後10年間をデリバティブ商品で利益を得る新たな方法を発見す るために費やした。03年、ハーバード時代からの知り合いであるサイド ロー氏とブルーマウンテンを設立。サイドロー氏は当時マッキンゼーに 勤務していた。

「ロンドンの鯨」と対決

「ロンドンの鯨」に遭遇するまでは、ブルーマウンテンの12年のリ ターンは5.4%と精彩を欠いていた。

その取引はまさにブルーマウンテンにおあつらえ向きだった。JP モルガンのイクシル氏は「IG9」として知られるマークイットCDX 北米投資適格指数シリーズ9を取引していた。指数は前年12月からその 年の3月にかけて大幅に下落。イクシル氏が指数に連動するCDSを売 っていたからだ。

フェルドシュタイン氏らは、指数を構成する企業のCDSを別々に 買うのと比較すると、IG9は割安で取引されているとみていた。ブル ーマウンテンはIG9を買うことなどで、イクシル氏と逆方向に賭け た。

その後数カ月間は、ブルーマウンテンの読みは外れた。イクシル氏 はIG9を売り続けたため、指数はさらに下落した。だが、ブルーマウ ンテンはじっと耐えた。そして5月10日、JPモルガンはついに取引に 終止符を打つ。同行はイクシル氏が所属していた部門が賭けを誤ったと して、20億ドルの損失を発表。指数は3月の102bpから6月5日に は175bpと急上昇した。

救助部隊

JPモルガンはイクシル氏のIG9のポジションを解消しなければ ならなかったが、その額は指数の日々の取引高に比べると巨額だった。

ブルーマウンテンはすでに多数のデリバティブを取引しているた め、注目を集めずにIG9を買うことができた。取引に詳しい関係者に よると、同社はIG9のポジションを積み増し、反対売買の相手として JPモルガンに200億ドル余りのIG9を売った。

JPモルガンの5月10日の発表後の6カ月間で、ブルーマウンテン の旗艦ファンドのリターンは2倍余りに拡大。JPモルガンは62億ドル の損失を被ったが、鯨に船を沈められなかったことで、フェルドシュタ イン氏率いる救助部隊に感謝しなければならない。

原題:Feldstein Who Speared London Whale Ready to Unwind Derivatives(抜粋)

--取材協力:Pierre Paulden、Saijel Kishan、Shannon D. Harrington.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE