香港のセントラル地区、賃貸料低迷続く-銀行が経費節減

世界でオフィス賃貸料が最も高い香 港のセントラル(中環)地区は、賃貸料の低迷が今年も続きそうだと世 界の2大不動産会社はみている。

CBREグループのオフィスサービス担当エグゼクティブディレク ター、ロードリ・ジェームズ氏は、米ゴールドマン・サックス・グルー プや英HSBCホールディングスなどがオフィスを構えるセントラル地 区について、賃貸料は2013年にほぼ変わらずとなりそうだと話した。ジ ョーンズ・ラング・ラサールの香港市場責任者ベン・ディッキンソン氏 によれば、賃貸料は今年7-12月(下期)には回復するものの、1-6 月(上期)は「若干」値下がりする見込みだ。

企業のファイナンス活動鈍化に直面している銀行や証券会社は、セ ントラル地区のオフィスを縮小している。ブルームバーグがまとめたデ ータによれば、バンク・オブ・アメリカやモルガン・スタンレー、ゴー ルドマン、UBSなど世界的な金融機関が11年初め以後世界で発表した 従業員削減は計30万人を超える。

ジェームズ氏は先月28日のインタビューで、「13年の市場はかなり 鈍いものとなる。銀行業界では悪いニュースが続き、上期はこうした状 況が変わらないだろう。オフィススペースの縮小が続けば、下期も同じ ようになる」と述べた。

原題:Hong Kong’s Central Rents to Extend Decline as Banks Cut Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE