米社債保証コスト、2日連続で上昇-クレジットデリバティブ

9日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが7日につけた約 4カ月ぶりの低水準から2日連続で上昇した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時31分(日本時間10日午前6時31分)現在、1.2ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の86.7bp。7日は84.9bpと、 昨年9月14日以来の低水準となっていた。

投資家は景気失速がバランスシートに打撃を与え、企業の債務返済 能力を損なうかどうかを知る手掛かりを求め、決算内容を見極めようと している。米アルミ最大手のを皮切りに決算シーズンが開幕。同社が8 日の通常取引終了後に発表した昨年10-12月(第4四半期)の売上高 は59億ドル(約5180億円)と、アナリスト11人の予想平均(56億ドル) を上回った。

リーダー・キャピタルのポートフォリオマネジャー、スコット・カ ーマック氏は電話インタビューで、「アルコアはまずまずの数字で、市 場の地合いはずっと良くなるだろう。決算シーズンが相当ひどいもので ない限り、市場が上向く余地はある」との見方を示した。

原題:Credit Swaps in U.S. Rise for Second Day; Bombardier Plans Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE