NY原油:ほぼ変わらず、在庫増が重しも株高が支え

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変 わらず。米エネルギー省の統計で原油と燃料の在庫急増が示されたが、 この日は景気に対する楽観から株式相場が上昇したことから、原油相場 は一進一退の展開となった。

エネルギー省の発表によると、先週の原油在庫は131万バレル増加 の3億6130万バレル。生産は1993年以来の高水準に達した。原油とガソ リン、留出油合わせた増加幅は1550万バレルと、1996年以来の最大とな った。S&P500種株価指数が堅調に推移したことを背景に、原油は日 中の安値から持ち直した。

マニュライフ・アセット・マネジメントで天然資源関連の債券ポー トフォリオを運用するシニアマネジングディレクター、アダム・ワイズ 氏は「市場では大量の在庫がだぶついている」と指摘。「あまりニュー スがない中で、原油の需給要因は無視し難い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日比 5セント(0.05%)安の1バレル=93.10ドルで終了した。

原題:Oil Is Steady as U.S. Inventories Increase While Equities Gain(抜粋)

--取材協力:Asjylyn Loder、Moming Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE