NY金:反落、ドル上昇で代替需要が後退-終値1655.50ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。ド ルの上昇を背景に、代替投資としての金買いが鈍った。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時0.4%高。10日には欧 州中央銀行(ECB)の政策委員会が開かれる。先週発表された米連邦 公開市場委員会(FOMC)議事録で債券購入プログラムが年内に終了 する可能性が示されたことを背景に、金先物は4日、4カ月ぶり安値を つけた。

ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属トレー ディング担当ディレクター、デーブ・メーガー氏は電話インタビューで 「きょうはドルの動きが金相場の下押し圧力となっている」と指摘。 「FOMCの見解に対してもやや神経質になっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.4%安の1オンス=1655.50ドルで終了した。

原題:Gold Futures Drop in New York as Stronger Dollar Crimps Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE