ポーランド中銀:3カ月連続利下げ、政策金利4%-景気刺激で

ポーランド中央銀行は9日、政策金 利を3カ月連続で引き下げた。2013年に約10年ぶりの低成長に落ち込む とみられる景気をてこ入れする。

同中銀は政策金利である7日物金利を0.25ポイント下げ4%にし た。ブルームバーグがエコノミスト33人を対象に実施した調査で全員が 予想した通りだった。

11月以降の利下げ幅は0.75ポイントとなった。ポーランドの輸出の 半分以上が向かうユーロ圏の債務危機が同国経済に影響を及ぼしてい る。ポーランド中銀によれば、今年の国内総生産(GDP)は前年 比1.5%増と、2002年以降で最低の成長率となる見通し。

原題:Poland Cuts Main Rate for Third Meeting to Spur Flagging Economy(抜粋)

--取材協力:Barbara Sladkowska.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE