仏プジョー:第4四半期の販売台数、前年比20%減-欧州不振で

欧州2位の自動車メーカー、プジョ ーシトロエングループ(PSA)の昨年10-12月(第4四半期)の自動 車販売台数は前年同期比20%減少した。ユーロ圏のリセッション(景気 後退)が響き、その影響を域外の販売強化ではカバーできなかった。

PSAが9日発表した2012年の販売台数から1-9月実績を差し引 くと、プジョーとシトロエンの両ブランドの販売台数(組み立て前の車 両含む)は約72万台と、前年同期の90万1000台を下回った。通年で は17%減の297万台。

コメルツ銀行のアナリスト、サシャ・ゴメル氏は「販売台数は予想 される程度に悪かったようだ」と述べ、「PSAは欧州で大きな打撃を 受けているだけでなく、中南米などの他地域でも同様の状態だ」と指 摘。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)や韓国のヒュンダイモーター カンパニー(現代自動車)などの競合他社に市場シェアを奪われている と付け加えた。

PSAは、対イラン経済制裁措置を踏まえて同国向けの未完成車の 輸出を取りやめたことも販売台数の減少要因だったと説明した。

原題:Peugeot Fourth-Quarter Car Sales Fall 20% on Europe Market Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE