タイ中銀:政策金利を2会合連続で据え置き-輸出見通し改善

タイ中央銀行は、政策金利を2会合 連続で据え置いた。世界経済が回復しつつある兆しに伴い、タイの輸出 見通しが明るくなっている。

同中銀は9日、政策金利である1日物レポ金利を2.75%に据え置い たと発表。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト22人を対象にまと めた調査では全員が据え置きを予想していた。政策決定会合では全会一 致で金利据え置きが決まったという。

タイの輸出は昨年11月、1年3カ月ぶりの大きな伸びとなった。製 造業生産も大きく増えた。初めての自家用車購入に対する優遇税制で販 売が増えていることから、日産自動車やトヨタ自動車は生産を拡大し た。

原題:Thailand Holds Interest Rate a Second Time as Outlook Improves(抜粋)

--取材協力:Michael Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE