アジア株:MSCI指数、3日ぶり上昇-米企業決算が支え

9日のアジア株式相場は3日ぶりに 上昇。決算発表シーズンが始まった米国では、アルミ生産最大手アルコ アの2012年10-12月(第4四半期)の売上高が予想を上回った。

アルコアと提携するオーストラリアのアルミナはシドニー市場 で4.6%高。一方、中国の建設機械メーカー、中連重科は香港市場 で7.6%下げている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時12分現在、前日 比0.4%高。

ペンガナ・キャピタルで10億ドル(約875億円)相当の運用に携わ るティム・シュローダーズ氏は「私は慎重ながらも楽観的だ」と述べた 上で、「北米の決算シーズンがちょうど始まった。市場参加者は特に企 業から出てくる前向きなコメントを中心に状況を確認したいだろう」と 語った。

原題:Asian Stocks Advance on Earnings as Yen Drops on Easing Comment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE