三井金:神岡鉱業で8月に約1カ月の定期修理、八戸は来年3月予定

亜鉛地金で国内最大手の三井金属は 神岡鉱業(年間製錬能力:6万7000トン、岐阜県)で8月から9月にか けて約1カ月の定期修理を実施する計画。

八戸製錬(青森県、同11万2000トン)では、2014年の3月半ばから 約40日の定期修理を行う予定という。亜鉛事業部の角田賢・副事業部長 が9日、述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE