グーグル、NY市チェルシー地区で高速無線LANを無料提供

インターネット検索最大手、米グー グルはニューヨーク市チェルシー地区の一部で高速無線LAN(構内情 報通信網)のWiFi(ワイファイ)を無料で提供する計画だ。同市内 で最大の公衆無線LANエリアとなる。

グーグルの発表資料によると、パスワードを必要としないWiFi 網は8日から利用可能。チャールズ・シューマー米上院議員(民主、ニ ューヨーク州)やニューヨークのブルームバーグ市長などがチェルシー で開かれたグーグルの発表イベントに出席した。

ブルームバーグ市長はマンハッタンでの記者会見で、「ニューヨー クは世界一のデジタル都市となる。高速インターネットへの無料接続は こうした構想の核となる要件の1つだ」と説明。「チェルシー地区での 無料WiFiサービス提供で目標にまた一歩近づく」と述べた。

シューマー議員はイベントで、「ニューヨークの雇用成長の次の原 動力がテクノロジー産業であることは周知の事実だ」と語った。

ネットワーク構築費用は11万5000ドル(約1000万円)、年間維持費 は4万5000ドルに上る。経費の3分の2はグーグルが、残りはチェルシ ー地区の再開発を行っている非営利団体チェルシー・インプルーブメン トがそれぞれ負担する。同団体幹部のダン・ビーダーマン氏によれば、 サービスは実験的なプログラムとして2年間提供される。

原題:Google Brings Free Wi-Fi to New York’s Chelsea Neighborhood (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE