NYの高級住宅、増税見込んだ駆け込み売買が急増-10-12月

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社JCフラワーズの創業者、クリストファー・フラワ ーズ氏が昨年12月27日、ニューヨークで高級マンション(集合住宅)を 現金2000万ドル(約17億4000万円)で購入した。一方、農産物関連事業 大手、米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)のドウェイ ン・アンドレアス元会長は同日、マンハッタンにある高級マンションを 現金2390万ドルで売却した。

これらの売買は今月8日、ニューヨーク市財務局に報告された。キ ャピタルゲイン税が1日に引き上げられるとの見方から昨年末に高級住 宅の売買が急増した。不動産鑑定会社ミラー・サミュエル(ニューヨー ク)によると、マンハッタンの高級不動産の2012年10-12月(第4四半 期)の販売件数は、10-12月としては同社がデータ収集を開始した1989 年以降で最高を記録した。

ミラー・サミュエルは高級不動産について、上位10%の価格帯と定 義。同社が昨年12月31日までの公記録から収集したデータに基づけば、 前年同期比29%増の260件となった。同社のジョナサン・ミラー社長に よれば、この数字には10-12月の販売件数全体の85%が含まれる。12月 の月末の数日間に成立し市財務局に報告中の取引もあるため、さらに増 加するとみられる。10-12月の高級不動産価格の中央値は440万ドル。

不動産仲介会社ブラウン・ハリス・スティーブンスのホール・ウィ ルキー社長は今月2日のインタビューで「税率変更の影響で、特に高級 物件の取引については12月31日より前の成立に向けてかなりのプレッシ ャーがあった」と語る。

米議会の財政協議は昨年中に決着しなかったものの、税率の引き上 げが予想されていた。議会では1日、所得45万ドル超の世帯に対するキ ャピタルゲインと配当の税率を15%から20%に引き上げる法案が可決さ れた。

原題:Flowers Among Manhattan Luxury-Home Buyers in Year-End Deal Rush(抜粋)

--取材協力:Devin Banerjee、Cristina Alesci.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE