米ジェンワース株が下落、投資判断引き下げを嫌気-米国市場

8日のニューヨーク株式市場で、米 保険会社ジェンワース・ファイナンシャルが売られた。同社が手掛ける 長期療養保険に伴うリスクを理由にクレディ・スイス・グループが投資 判断を引き下げたことが嫌気された。

ジェンワース株の8日終値は前日比3.5%安の8.04ドルと、S& P500種株価指数の金融指数を構成する80銘柄のなかで最大の下落。ジ ェンワースは抵当保険事業も展開しており、不動産不況に改善の兆しが 見られる中、今月7日までの半年間で株価は50%上昇していた。

トマス・ギャラハー氏を中心とするクレディ・スイスのアナリスト らは8日付リポートで、ジェンワースの米抵当保険事業に対する楽観的 な見方が同社の株価上昇を支えてきたと指摘。投資判断を「ニュートラ ル」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。「投資家は同社の生命 保険事業のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)にあまり注目してこな かった」と分析した。

原題:Genworth Falls After Credit Suisse Downgrade: Washington Mover(抜粋)

--取材協力:Zachary Tracer、Andrea Ludtke.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE