【主要朝刊】シャープ・クアルコム協業第1弾、公共事業に5.2兆円

各紙朝刊の主なニュースは以下の通 り。

【各紙】 ▽日米外相:18日会談へ-首脳会談へ地ならし

【読売】 ▽孫の教育資金非課税に-贈与税1000万~1500万円上限-緊急経済対策 ▽研究実用化、大学に1800億円、国が出資、成果促す-緊急経済対策

【朝日】 ▽シャープ:増資急ぐ、インテル出資交渉は決裂 ▽独VW日本法人社長:国内販売、過去最高狙う

【日経】 ▽原発に非常用冷却施設、テロ対策も強化、規制委の新基準原案 ▽給与増で法人減税、雇用促進と組み合わせ-政府・自民 ▽「5年以上」検討、非課税の少額投資の期間延長-政府・自民 ▽物価目標2%中長期で、政府・日銀、達成時期明示せず ▽公共事業に5.2兆円、自治体支援策も盛る-補正予算案 ▽シャープ、クアルコム:省電力パネル来年製品化-協業の第1弾 ▽東レ:営業益250億円確保、10~12月-前年同期並みに ▽三菱マ:経常益横ばい、4~12月-セメントの国内出荷増

【毎日】 ▽国の支出10.3兆円、半分は公共事業-緊急経済対策 ▽富士重:スバル米国販売、12年も最高更新-4年連続

【産経】 ▽中国軍機、相次ぎ領空接近-政府、空自の警告射撃検討 ▽アサヒ:ビール類販売0.5%増に、今年の販売計画

【東京】 ▽東電:若手流出止まらず、400人迫る勢い、商社や重工系に-12年度

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE