キャンターまた格下げも-トレーディング減で、フィッチが指摘

米金融サービス会社キャンター・フ ィッツジェラルドはトレーディングの落ち込みを背景に格下げの可能性 があると、フィッチ・レーティングスが指摘した。同社は昨年、他の格 付け会社2社から格下げされている。

フィッチは8日付リポートで、現在はジャンク級(投機的水準)を 2段階上回るキャンターの格付けを引き下げる可能性を指摘した。キャ ンターの機関投資家向け株式事業と傘下のインターディーラー・ブロー カーであるBGCパートナーズで収入が減少している。

フィッチのアナリスト、モハク・ラオ氏はリポートで、「キャンタ ーの機関投資家事業とBGCの金融ブローカレッジ事業はトレーディン グの落ち込みに伴い中期的に引き続き課題を抱える」と説明。利益が減 少し、債務も圧縮されなければ、格下げの可能性があるとした。

昨年10月にはムーディーズ・インベスターズ・サービスがキャンタ ーの格付けを投機的水準に引き下げた。スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)も先月、「BBB」から「BBB-」に格下げしている。

原題:Cantor May Face Another Rating Cut as Fitch Cites Slowdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE