NY銅:4日続落-米株安で経済や需要への懸念強まる

ニューヨーク銅先物相場は4日続 落。米国の株価下落で、企業利益の伸びの鈍さは各国経済の景気の冷え 込みや銅需要の弱さを示している可能性があるとの懸念が強まった。

キングスビュー・ファイナンシャルのストラテジスト、マシュー・ ジーマン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「市場参加者のすべ てが現時点で企業収益に注目しており、市場の若干のいら立ちが株価を 圧迫している」と指摘。「銅相場はそれに反応しているようだ」との見 方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比0.2%安の1ポンド=3.672ドル。銅相場は過去3日 間で1.6%下落していた。

昨年11月の独製造業受注がエコノミスト予想以上に落ち込んだこと も銅相場の弱材料。

原題:Copper Slides for Fourth Session as U.S. Equities Decline (抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE