ゴールドマン、モルガンSも差し押さえで和解の公算-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プ、モルガン・スタンレーなど金融機関4社は今週中にも、住宅差し押 さえに関して米金融機関10社が7日に合意したのと同様の和解に同意す る可能性がある。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

交渉が非公開であることを理由にこれら関係者が匿名で明らかにし たところによると、この4社はゴールドマンとモルガン・スタンレーの ほか、アライ・ファイナンシャル、英HSBCホールディングス。この 4社が和解に同意すれば、大手住宅金融との合意に基づいた住宅差し押 さえの個々の案件の再検討作業は終了する。関係者1人によれば、連邦 準備制度が主導した協議では、少なくとも15億ドル(約1310億円)の現 金と借り手支援が示された。

米住宅金融10社は7日、計85億ドルを支払うことで連邦準備制度お よび米通貨監督庁(OCC)と和解した。

週内に4社が和解に同意すれば、全体の支払い額は100億ドルに達 する公算がある。また、今後和解の対象が、2011年4月の合意で住宅差 し押さえ案件の見直しを義務付けられた14社以外にも広がる見通しだ。 インディマック・バンコープを引き継いだワンウエスト・バンクとエバ ーバンク・ファイナンシャルはまだ当局と和解していない。

連邦準備制度のエリック・コリグ報道官、モルガン・スタンレーの 広報担当メアリー・クレア・デラニー氏、ゴールドマンの広報担当マイ ケル・デュバリー氏はいずれもコメントを控えた。HSBCの広報担当 ニール・ブラジル氏は同社が当局と「引き続き協議中」だと述べたが、 それ以上のコメントはしていない。

原題:Goldman Sachs Said to Be Part of Fed-Led Foreclosure Settlement(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE