NY原油:ほぼ変わらず、製品価格は上昇も在庫増予想が重し

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変 わらず。ガソリンやヒーティングオイル(暖房油)の価格は上昇したも のの、米原油在庫の増加観測が重しになった。

燃料精製・販売会社の米モティバ・エンタープライゼズはテキサス 州ポートアーサーの製油所で原油関連設備の操業を一時停止した。ブル ームバーグがまとめた調査によると、米エネルギー省が9日発表する原 油在庫は200万バレルの増加が予想されている。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「石油製品価格は堅調だが、原油在 庫の増加見通しで相殺されている」と指摘。「在庫は増加すると見込ま れており、それが製品に比べて原油の動きが鈍い一因だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日比 4セント(0.04%)安の1バレル=93.15ドルで終了。過去1年間で は8.3%値下がりしている。

原題:Oil Fluctuates as Stockpile Expectations Counter Product Gains(抜粋)

--取材協力:Mark Shenk、Dan Murtaugh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE