NY金:4日ぶり上昇、中国の需要増加が手掛かり

ニューヨーク金先物相場は4営業日 ぶりに上昇。世界2位の金購入国である中国での需要が増加したことが 手掛かり。

中国による香港からの金輸入は昨年11月にほぼ倍増したことが、香 港政府の統計で明らかになった。米造幣局によると、アメリカンイーグ ル金貨の販売量は今月に入って7万1500オンスとなっている。12月全体 では7万6000オンスだった。先週発表された米連邦公開市場委員会 (FOMC)議事録で債券購入プログラムが年内に終了する可能性が示 されたことを背景に、金先物は4日、4カ月ぶり安値をつけていた。

金・銀のネット販売を手掛けるブランシャール・ボールトのアンセ ム・ブランシャール最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、 「先週の下げを受けて、値ごろ感から買いが入っている」と指摘。「中 国からの需要も高まっているようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比1.0%高の1オンス=1662.20ドルで終了。過去3営業日で は合わせて2.5%下げていた。

原題:Gold Futures Rise Most in a Week on Chinese, U.S. Coin Demand(抜粋)

--取材協力:Aya Takada、宋泰允、Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE