米モンサント:通期予想を引き上げ、9-11月利益予想上回る

種子開発最大手、米モンサント の2012年9-11月(第1四半期)決算では、利益がアナリスト予想を上 回った。中南米と米国でトウモロコシ種子の販売が好調だった。同社は 通期予想を上方修正した。

同社の8日発表によると、純利益は3億3900万ドル(約300億円、 1株当たり63セント)と、前年同期の1億2600万ドル(同23セント)か ら増加。非継続事業を除いたベースでの利益は1株当たり62セントで、 ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平均(同36セント)を 上回った。

売上高は29億4000万ドル(前年同期24億4000万ドル)に増加。アナ リスト13人の予想平均(26億4000万ドル)も上回った。

通期については、一時項目を除いたベースでの1株利益が4.30 -4.40ドルになると予想。従来予想の4.18-4.32ドルから引き上げた。

原題:Monsanto Raises Forecast as Profit Rises on Latin American Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE