香港株(終了):ハンセン指数、3日続落-相場過熱の兆候で

香港株式相場は下落。指標のハンセ ン指数は1年7カ月ぶりの高値を付けた後、3営業日続落となった。相 場過熱の兆候が表れる中、不動産開発や保険株が売られた。

中国の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置 地、1109 HK)は2.7%安と2週間ぶりの値下がり。中国太平洋保険(集 団、2601 HK)は2.6%下落した。米カーライル・グループが太平洋保険 の残りの保有株を売却したことが響いた。

中国国有の海洋油田会社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は 続落。中国工商銀行(1398 HK)も下げた。

建設機械メーカーの中連重科(1157 HK)は売買停止となった。香 港紙の明報は、中連重科の会計処理の問題点を指摘した匿名の手紙を受 け取ったと報じた。

ハンセン指数は前日比218.56ポイント(0.9%)安の23111.19で終 了。2011年6月以来の高値に達した後の3営業日で計1.2%下落した。 ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比2.2%安の11714.15で引け た。

IGインベストメントのファンドマネジャー、ティム・レオン氏 (香港在勤)は「市場参加者は利益を確定している」と述べた上で、 「特に不動産や保険会社を含む金融関連銘柄に若干の調整が見られる。 最近になって過度に楽観した見方が株価に相当織り込まれていた」と語 った。

原題:Hong Kong Stocks Decline for Third Day Amid Overheating Signals(抜粋)

--取材協力:Eleni Himaras.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE