麻生財務相:ESM債の継続購入表明-きょう発行の初回分も検討

麻生太郎財務相は8日午前の閣議後 会見で、欧州安定化メカニズム(ESM)が発行を始める債券について 購入する意向を表明した。同日発行予定の初回起債分(3カ月物)も、 発行額や条件を精査した上で購入額を決める。購入実績は翌月明らかに する。

財務相はESM債の購入に関して「欧州の金融安定化が円を含む通 貨の安定に資する観点から、外貨準備を活用して継続的に購入する方針 だ」と言明。ESM債を主要なユーロ建て国債と並ぶ重要な投資対象と 位置付けていると強調した。

政府は、ESMの前身の欧州金融安定ファシリティー(EFSF) が2011年1月から発行開始した債券を継続的に購入しており、昨年末時 点で総額70億ユーロ(約8000億円)、全体の6.7%に上っている。昨 年10月のESM発足後も債券購入に前向きな考えを示していた。

JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミストは、日本政府によ るESM債の購入について、欧州側は歓迎するだろうし、円安に効果が あっても、為替介入との海外からの批判も回避できようとの見方を示し た。

財務相発言で一時反落-円相場

午前の東京外国為替市場では、急ピッチに進んだ円安の反動から、 一時1ドル=87円24銭まで円買いが先行。しかし、ESM債購入に関す る財務相発言が伝わると、一時87円80銭前後まで反落した。

円は先週、対ドルで約2.6%下落し、週末には88円41銭と2010年7 月以来の安値を記録。対ユーロでは約1.4%下げ、2日には11年7月以 来の安値となる115円99銭を付けた。

--取材協力:Hiroko Komiya. Editors: 小坂紀彦, 淡路毅

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE