NY原油時間外:4カ月ぶり高値近辺-設備稼働率上昇観測

ニューヨーク原油先物相場は8日の 時間外取引で約4カ月ぶり高値近辺で推移。米政府が発表する在庫指標 では製油所の稼働率上昇と在庫の増加が予想されている。

原油先物相場は小動き。前日の通常取引は続伸。米エネルギー省が 9日に発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュースのアナリ スト調査の中央値だと140万バレルの増加と予想。設備稼働率は90.4% から90.6%への上昇が見込まれている。

原油先物2月限はシドニー時間午前10時40分(日本時間同8時40 分)現在、6セント高の1バレル当たり93.25ドルで推移している。前 日の通常取引は10セント高の93.19ドルで引けた。終値としては昨年9 月18日以来の高値。昨年の年間の下落率は7.1%。

原題:Oil Trades Near Four-Month High as Run Rates, Supply Seen Rising(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE