米アップルCEOが訪中、過去10カ月で2度目-店舗数は倍増

米アップルのティム・クック最高経 営責任者(CEO)が中国を訪問した。過去10カ月足らずで2度目の訪 中となる。この間に中国での同社直営店はほぼ倍増している。

クックCEOは8日、苗圩工業情報相と会談し、中国の情報技術 (IT)産業の発展や世界的な移動通信、アップルの中国事業などにつ いて話し合った。工業情報省がウェブサイトで発表した。

同CEOは昨年3月に訪中し、コンピューターや携帯電話の世界最 大市場である同国での「投資拡大」を約束。それ以降、アップルは中国 と香港での出店数をほぼ2倍の11店舗に増やした。昨年3月当時は6店 舗だった。

アップルは中国での第1号店を2008年に北京で開業した。現在は北 京と上海、香港に各3店舗、成都と深センにそれぞれ1店舗を持つ。

アップル広報担当のキャロリン・ウー氏は8日、クックCEOと苗 圩工業情報相との会談に関するその他の詳細や、同CEOの訪中期間お よび会談予定についての情報はないと述べた。

原題:Apple CEO Cook Makes Second China Visit as Stores Almost Double(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE