米国株:下落、決算シーズン開始を前に様子見姿勢が広がる

米株式相場は下落。あす始まる決算 シーズンを前に様子見姿勢が広がった。S&P500種株価指数は前週 末、5年ぶり高値を付けていた。

ボーイングが安い。ボストンのローガン国際空港で7日朝、駐機中 の日本航空のボーイング「787」(ドリームライナー)で火災が発生し たことが嫌気された。半導体製造装置最大手のアプライド・マテリアル ズも下落。JPモルガン・チェースによる投資判断引き下げに反応し た。一方でインターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムは上場来 高値に上昇。モルガン・スタンレーによる投資判断引き上げが好感され た。

S&P500種株価指数は4.58ポイント(0.3%)安の1461.89。ダウ 工業株30種平均は50.92ドル(0.4%)下げて13384.29ドル。

シマング・キャナル・トラスト(ニューヨーク州エルマイラ)の上 級投資責任者、トム・ワース氏は電話取材で、「かなり短期間のうちに 大きく上昇した」と分析。「企業決算は市場予想よりも良い内容になる と私は見込んでいる。ただ、相場はまずある程度の値固めが必要だ」と 述べた。

S&P500種は先週、2007年末以来の高値で終了。昨年12月の米雇 用統計で、前月とほぼ同ペースでの雇用増加が示され、買いを誘った。 同指数は2日には2.5%上昇。歳出削減と増税が重なる「財政の崖」の 影響を回避する法案を米議会が可決させたことが好感された。

決算シーズン

あすの通常取引終了後に発表されるアルコア決算を皮切りに、第4 四半期の決算シーズンがスタートする。ブルームバーグがまとめたデー タによれば、S&P500種採用銘柄の第4四半期の利益は平均で2.9%増 加したもようだ。

S&P500種では業種別10指数のうち8指数が下落。中でも公益株 とエネルギー株の指数の下げが目立った。電話株やヘルスケア関連株は 上昇した。

ボーイングは2%安の76.13ドル。同社の最新鋭中型機であるドリ ームライナーは、11年末の初納入以降、トラブルに見舞われている。

アプライド・マテリアルズは1.2%安の11.67ドル。JPモルガンの アナリスト、クリストファー・ブランセット氏は、アプライド株を「ニ ュートラル」から「アンダーウエート」に引き下げた。

アップルは0.6%下げて523.90ドル。英銀バークレイズは、アップ ルの株価予想を従来の800ドルから740ドルに下方修正した。

アマゾンは上場来高値

アマゾンは3.6%高の268.46ドル。モルガン・スタンレーのアナリ スト、スコット・デビット氏は、世界の電子商取引市場の規模は昨年 の5120億ドル(約45兆円)から2016年までに1兆ドルに達するとの見通 しを示した。また同年までにアマゾンのシェアは23.5%となり、純売上 高は1660億ドルに増えると予想した。

原題:U.S. Stocks Fall as Investors Await Start of Earnings Season(抜粋)

--取材協力:Nikolaj Gammeltoft、Alexis Xydias、Tom Stoukas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE