インド株:5日ぶり下落、割高感で-金融や工業銘柄が安い

7日のインド株式相場は5営業日ぶ ぶりに下落し、前週末の2年ぶり高値から反落した。自動車とエネルギ ー銘柄が買われたものの、金融や工業銘柄の下げが響いた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前週末 比92.66ポイント(0.5%)安の19691.42で終了。前週の上昇率は1.7% と、先月2日終了週以来最大の上げを記録していた。

個別銘柄では、住宅金融大手のハウジング・デベロップメント・フ ァイナンス(HDFC)が1.8%安。エンジニアリング会社、ラーセ ン・アンド・トゥブロは昨年10月以降で最大の下げとなった。自動車メ ーカーのマルチ・スズキ・インディアは3年ぶり高値を付けた。 CLSAアジア・パシフィック・マーケッツによる投資判断引き上げが 手掛かり。国営エネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC)は 4営業日続伸となった。

原題:India’s Sensex Index Ends Four-Day Advance on Valuations Concern(抜粋)

--取材協力:Shikhar Balwani.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE