2013年の伸銅品生産、80万トン超への回復期待-伸銅協会会長

日本伸銅協会の高橋徹会長(神戸製 鋼副社長)は7日都内で開催した年賀交換会で、2013年の伸銅品生産の 見通しについて「80万トンを少し超えるレベルを期待する」と述べ た。12年の年間生産量は77万トンとリーマン危機のあった09年以来3年 ぶりに80万トンを割りこんだとみており、今年は前年比で約4%増を見 込む。

高橋会長は回復を見込む背景として、東日本大震災からの復興需要 や新政権による国土強靭(きょうじん)化計画に伴う公共投資関連の需 要増、円安進行に伴う日本企業の競争力回復、中国での日系自動車メー カーの販売回復を挙げた。

一方、昨年は当初の予測83万トンを下回ったことについて「年後半 は非常に厳しい年だった。ドライバー役である半導体産業が不振を極め た」と振り返った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE