伊ベルルスコーニ氏は財務相検討か-北部同盟と選挙で連携へ

イタリアのベルルスコーニ前首相は 7日、自身が率いる自由国民(PdL)が北部同盟と再び連携したこと を明らかにした。両党の中道右派連合が来月の総選挙で勝利した場合の 首相就任に固執しない姿勢も示唆した。

ベルルスコーニ氏はRTLラジオで、PdLが北部同盟と2月の選 挙を共に戦うことで合意したと発表。選挙運動は同氏が率いるものの、 首相人選は選挙後に決定し、自身は財務相就任を検討すると述べた。同 氏が3度率いた政権すべてで連立相手だった北部同盟は、ベルルスコー ニ氏を首相候補とすることに反対していた。

同ラジオでベルルスコーニ氏は「イタリアでは首相は、閣議での議 題決定以外に実質的な権限を持たない」と話し、「これまでの私の経験 を生かせる職は財務相だろう。それによって、私に政治的な野心がない ことも再び示せる」と付け加えた。

PdLと北部同盟の関係は、ベルルスコーニ氏がモンティ現首相の 支持に回った2011年11月以来ぎくしゃくしており、北部同盟は議会で反 対勢力となっていた。

原題:Berlusconi Renews Alliance With League, Signals He May Step Back(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE