西村日銀副総裁:日本の不動産価格は過度に下落の可能性

日本銀行の西村清彦副総裁は4 日、1990年代の不動産バブル崩壊以降に、日本の不動産価格が過度に下 落した可能性があるとの認識を明らかにした。米カリフォルニア州サン ディエゴで開かれた全米不動産都市経済学会の年次総会での講演後に、 聴衆からの質問に答えた。

同副総裁は「日本の場合、ファンダメンタルズと比較して不動産価 格は低過ぎる」と指摘。人口構成の変化が住宅市場で過度の悲観論を生 み出した公算があるとの考えを示した。

副総裁は総会では、人口急増がしばしば不動産価格のバブルを形成 すると語った。

同副総裁は当局者が人口増に対応して規制を緩める中で、経済政策 がこうしたトレンドを増幅させ、価格上昇に拍車を掛けることがたびた びあると指摘。バブルが崩壊し、当局者が規制を過度に厳しくし、価格 下落が深刻なものとなり得ると説明した。

西村副総裁は日本経済や金融政策の見通しには言及しなかった。

原題:Japan’s Property Prices May Have Fallen Too Much, Nishimura Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE