NY外為(4日):ドルが対ユーロで3週ぶり高値から下落

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルがユーロに対し3週間ぶり高値から下落。昨年12月の米雇用統計で失 業率が市場予想を上回ったことから、当面は金融当局による刺激策の引 き揚げはないとの見方が強まった。

ドルは対円では2010年7月以来の高値に上昇。円はドルに対し、週 間ベースではほぼ24年ぶりの長期連続下落となった。リスク選好の高ま りから、ブラジル・レアルとメキシコ・ペソは主要通貨に対して上昇し た。

ワールドワイドマーケッツのチーフ市場ストラテジスト、ジョセ フ・トレビサニ氏は電話取材で、「失業率を見たが、全く改善していな い」と指摘。「金融緩和策が近く終了するとは誰も考えていない」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対し前日比0.2% 安の1ユーロ=1.3069ドル。一時1.2998ドルと、12月12日以来の高値を 付ける場面もあった。週間では1.1%高。対円ではこの日1%上昇し1 ドル=88円15銭。一時88円41銭と、2年5カ月ぶり高値となった。円は 対ユーロで1.2%下げて1ユーロ=115円21銭。

商品先物取引委員会(CFTC)によると、1日時点でユーロはド ルに対し5126枚の買い越し。1週間前は2549枚の売り越しだった。買い 越しに転じるのは2011年8月以来。

失業率

12月の米雇用統計によると、家計調査に基づく失業率は7.8%で前 月から変わらず。前月の失業率の速報値は7.7%だった。12月の失業率 は、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は7.7%。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は電話取材で、「失業率を見ると、この数字の悪 さは明らかにドルにはマイナスだ」とし、金融当局者から量的緩和第3 弾(QE3)をめぐる発言が出ることなどをその理由に挙げた。

この日主要16通貨で最も上げたのはメキシコ・ペソとブラジル・レ アル。ペソは0.5%高の1ドル=12.7414ペソ。レアルは0.7%上げて1 ドル=2.0325レアル。

ニュージーランド(NZ)ドルは0.4%高の1NZドル=0.8317米 ドル。一時は0.8%安となる場面もあった。

円安基調

円はドルに対し、週間ベースで8週連続安と、1989年2月以来の長 期下落局面。前週末比では2.5%安となった。ただそれでも、過去10年 の平均101円22銭よりは円高の状況にある。

安部晋三首相は1日、年頭所感を発表し、「日本にとって何より喫 緊の課題は、デフレと円高からの脱却による経済の再生」と指摘した。 経済政策については、「大胆な金融政策」を含む3本の矢で取り組む方 針を示した。

日本銀行は今月21-22日に今年最初の金融政策決定会合を開く。12 月20日開いた前回の会合では、長期・短期国債の購入額を5兆円ずつ増 額し、資産買い入れ等基金における資産購入を「66兆円」から「76兆 円」に拡大することを全員一致で決定した。

原題:Dollar Drops From 3-Week High Versus Euro Amid Fed Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE